• ホーム
  • 避妊薬を購入するなら病院と通販どっち?

避妊薬を購入するなら病院と通販どっち?

薬を飲んでいる女性

避妊薬を入手する方法は、主に2つあります。
一つは病院に行って処方してもらうと言う方法です。
この方法の大きなメリットは、薬に関する注意点を口頭で教えてもらう事が出来ると言う事です。
また処方する時には体の調子等も見てもらう事が出来るので、安全に利用する事が出来ると言うメリットもあります。
しかし病院で処方してもらうと言う事はその為に何時間も待たなければいけないと言う場合も少なくありません。
さらに最初に検査を受ける必要があるので、病院に行ったらすぐに処方してもらう事が出来る訳ではないと言う事も知っておきましょう。
二つ目は通販を利用すると言う方法です。
とはいっても通販の場合は、国内の通販ではまだ避妊薬の扱いはないので、海外医薬品を個人輸入する事になります。
個人輸入は輸入代行業者のサイトを通して行う人が多く、この場合は日本国内でネットショッピングを行う時と同じ様に購入する事が出来ます。
勿論病院に行く必要が無く、処方箋も必要ないので待ち時間も少なくなります。
これが海外医薬品の個人輸入を利用する方法の大きなメリットだと言って良いでしょう。
また、病院に行く時に比べると費用も安くて済むので、経済的な負担が軽減されます。
しかし病院で説明を受けてからの利用となる訳ではないので、もしかしたら自分の体質に合っていないかもしれません。
全ては自己責任で服用する必要がアリ、さらに利用したサイトによっては偽物を購入してしまう可能性もあるので十分注意する必要があります。
病院にするか通販にするかはその人自身が決める事だと言って良いでしょう。
ただ適当に選ぶのは良くないので、どちらのメリット・デメリットも良く見て自分に合う方を選ぶと言う事が重要です。

人気記事一覧
サイト内検索