• ホーム
  • 避妊薬を安価で購入するための手引き

避妊薬を安価で購入するための手引き

笑顔の女性

低用量ピルのような避妊薬をつかって避妊を試みる人の中には、長期間服用を続けている人も少なくありません。
避妊薬を長期間使用し続けるとそれなりに多くの費用が必要となりますが、この費用をできるだけ安く済ませたい場合はどのような方法をとれば良いのでしょうか。
まず、避妊薬を安く手に入れようと考えている場合は「日本の医療機関に行って医師の処方を受けた上で手に入れる」という選択肢は外すべきでしょう。
婦人科で避妊薬を手に入れようとすると、薬代だけでなく、診察料や検査料、処方料などといった費用も出さなければならないからです。
日本の医療機関に行かずに手に入れるには、外国製の避妊薬を個人輸入する必要があります。
近年は、インターネット上で注文を受け付けている個人輸入代行業者が増えており、取引のシステムも整備されてきたため、医薬品の個人輸入も安全かつ容易にできるようになりました。
個人輸入代行業者を利用するメリットは、先発医薬品だけでなく後発医薬品も多数揃っていることで、中には1,000円をきる価格で販売されている製品もあり、送料などを含めても日本の医療機関より安く手に入れることができます。
個人輸入代行業者から避妊薬を手に入れる場合、基本的にはサイトの指示にしたがって注文をして、代金の支払いをすれば良いだけですが、いくつか留意しておくべき点があります。
まず、まとめ買いはできますが、個人輸入できる医薬品の数量は限定されているため、一度にたくさん注文しても、自宅には何度かに分けて届けられることになります。
また、個人輸入した医薬品の使用が原因で起こった身体の異変に対しては、すべて輸入者自身の責任となります。
自分で管理して飲み続けることに不安を感じるのであれば、日本の医療機関で避妊薬を手に入れるようにしましょう。

人気記事一覧
サイト内検索